子供のやる気スイッチを押すには

中学受験を何とか成功させる為には、進んで勉強するように口酸っぱく言うことが大切です。ただ、やはりまだ子どもなので机に向かって勉強するよりも友達とゲームをしたり、テレビでアニメを見る方が何倍も楽しいはずです。中学受験を成功させて努力を継続することで、将来とても役に立つということを教えてもまるで他人事のような顔です。
やる気を引き出させるのは簡単ではありませんが、親が諦める訳にはいきません。子どもの単純さを利用して、勉強したらお菓子を与えたりゲームの時間を長くするなどご褒美を工夫するとやる気が上がるように感じます。勉強は楽しい面もありますが、ずっと机に向かうというのは同時に辛い気持ちにもなるものです。ただ、ご褒美があることで辛い時間を乗り越えられるという考えを染みつかせるのは大切です。社会人は給与というご褒美があるからこそ日々の仕事に精を出せるので、子どもにも勉強したらそれなりのご褒美を与えるのは当然です。
あえて勉強を強要し過ぎない姿勢も、結果的にやる気を上げるコツだと感じます。強要し過ぎると勉強嫌いになる可能性があるので、逆に合格が遠のく可能性があります。常にスパルタよりも、アメとムチを重要視して接したいです。