憧れの中高一貫校

中学受験で中高一貫校に挑戦するのは、大きなメリットがあります。一貫校であれば、ほぼエスカレーター式で高校に進学できるので落ち着いて学習に専念することができます。有名な中高一貫校であればあるほど、学習のレベルも高くより良い大学に進学できる確率が高くなるのです。
ただ、中高一貫校に一抹の不安があり学習をサボってしまうのではないかということです。学習をサボって極度に成績が落ちれば一貫校とは言えど進学できるかどうか分かりません。一貫校でなければ、高校受験に向けて徐々に緊迫した空気に満ちてきますが一貫校であれば過度に緊迫することはありません。
しかし、受験の為の勉強に時間を費やし過ぎると過去を振り返ったりして新たな勉強ができなくなります。常に前進できるという大きなメリットを考えると、中学受験は中高一貫校以外に考えられないと思いました。子どもも中高一貫校の利点を知っていましたし、仲良くなった友人と高校でも過ごせるという点も魅力的だったようです。
有名な中高一貫校でないと、頑張って中学受験する意味が薄れると感じていました。ただ中高一貫校に入るという考えではなく、一つでも上のレベルの学校を目指した方が良いですね。