我が子を中学受験させたい!

我が家には小学4年生の娘がいるのですが、中学受験をするための準備をしている友達が周りに多くいることを娘から聞きました。私も娘の進学のことがとても気になっていたので、この機会に親子でいろいろと話し合いました。娘の希望は中学受験をしてみたいとのことだったので、私も主人も応援するということになりました。塾などにも通う準備をしなければならないと思い、それから自宅近くで通える塾のパンフレットを取り寄せたり、合格率の高い塾はどこかなどを調べています。学習塾には娘の希望もあり5年生になってから通わせるつもりです。親としての希望は大学までエスカレーター式で進学することができる私立中学を受験してほしいと思っています。高校受験も大学受験も経験してきた私は、娘には受験で苦労はさせたくないという想いが強かったので、中学受験のみで大学まで進学できるのが一番理想的だと考えています。もちろん今後の娘の学力や希望にも沿って、受験校を考えていく予定です。これからは娘の希望を大切にしながら一緒に中学受験に向けて準備をして行こうと思います。娘が安心して塾に通えるように、経済面や精神面で不安を感じないよう親として努力をしていこうと改めて思いました。

中学受験はいつから準備?

最近、小学4年生の息子は中学受験を決意しました。中学受験を勧めたのは母親である私でしたが、最終的な決断は息子に任せました。中学受験はいつから準備をスタートしたらいいのだろうと疑問に思っていたところ、息子の同級生に小学2年生から中学受験の為に塾に通っている子がいると知り、少し焦りました。あわてて中学受験で合格した娘さんがいる友人に「いつ頃から中学受験の対策を始めるのがいいんだろう?」と尋ねました。すると「小学4年生からがちょうどいいと思うよ」と、アドバイスをもらいました。低学年までは家庭学習で基礎をしっかりと固め、高学年でさらに難しい問題を解く力を身につけるために、塾に通うのがいいのだそうです。塾に通うのは早ければ早いほどいいのかと思い、出遅れたかと不安になっていましたが、そういうわけではないようです。なぜこんなに計画性が無いかというと、そもそも私は息子に中学受験をしてほしいと思っていなかったからです。中学受験を息子に勧めたきっかけは、息子がサッカーや陸上のクラブが長続きせず、それでも何かに打ち込みたいと本人が言っていたからです。軽い気持ちで勧めたのですが、すごくやる気になってくれました。今まででこれほど何かに興味を示す姿を見たことが無かったので、全力でサポートしたいと思います。

中学受験で大変そうなこと

我が子の中学受験を考え始めて、改めてこれから大変になるだろうことを考えてみました。
まず、うちの場合に最も大きなことと言えば金銭的なことです。友人で中学受験を経験した方の話を聞いたことがありますが、やはり結構な金額が掛かるようです。塾に通うとなれば毎月の授業料や春・夏・冬の講習費、加えてテキスト代や参考書などの実費、定期的に受ける模試の費用も必要になります。そして、受験となれば1校あたり数万円の受験料が必要となりますので、入学以前だけでこれだけの費用を捻出しておかないといけないのです。
また、うちの場合は塾までの送迎もかなりの負担になるのではと考えています。これまでは習い事にしても早い時間に帰ってこれるものが多かったので送迎の必要はありませんでした。しかし、中学受験に向けての塾に通う場合は授業の終了時間も遅いため、安全を考えると迎えは必ず必要になるでしょう。
そしてもう1つ、先ほどの中学受験を経験した友人の話では子どものメンタルを支えるということがなかなか難しいと聞いています。公立中学に進学するお子さんもいる中、子ども自身が受験に対して弱気になってしまったりすることもあるようで、母親としてそういう心のケアがとても大事らしいのです。
しかし、中学受験をすると決めた以上、これらのことは何とか乗り越えていこうと思っています。特に子ども本人には親に負担を掛けていると思われないように努めたいです。

中学受験に熱心なのは母親?父親?

私には、小学5年生の娘がいます。昨年から中学受験をさせようと、勉学に時間を多く費やしています。
娘も受験したいと意気込んでいるので、家族全員で応援しているところです。

中学受験に関して熱心に指導していくのは、私が中心となっています。

夫は、仕事が多忙で帰宅時間はいつも遅いので、娘とコミュニケーションを取る時間もありません。なので、私の家庭では受験に関する主導権は自動的に私が握っています。
家庭環境にもよるかと思いますが、子どもと触れ合える時間が多いのは母親だと思っています。もちろん夫も応援している為、中学受験に関して全くタッチしていないわけではありませんが、サポート的な存在になっています。

私の娘は、夫に対して嫌悪感は全くないのですが、全てのことを打明けようとはしません。母親で同性である私には、一日何をしていたのか、どんな子と遊んでいるのかなど、包み隠さず話してくれます。
そんな状況を夫は理解しているため、むやみに娘に近づこうとしません。なので、中学受験もそうですが、娘に関して指導や教育を行っていくのは必然的に私になっています。ただ、叱り付けるときは、主に夫が担当してくれています。

これから、受験シーズンに入るので、気持ちが滅入ることにならないように、娘に対しては喜怒哀楽を上手く活用して取組んでいこうと思います。

子供と一緒に歩む中学受験

小学校4年生の娘がいて、中学受験を検討しています。そろそろ中学受験の準備を始めようと考えていて、勉強と面接の練習に力を入れようと思っているところです。娘は、比較的内向的な性格なので、面接などは経験を積まないと緊張してしまうと考えています。そこで、勉強と同時に面接の対策も行ってくれる塾に行くことにしました。塾の面接では、その日によって相手をする先生が変わるので、いろいろな方と話す機会があるようです。このようにして、たくさんの人から質問を受けることで、緊張しづらくたくさんの回答を導き出すことが出来たらいいと思っています。勉強面でやってみようと思うのが、親も一緒になって問題を理解することで日常会話からも取り入れる方法です。娘が中学校や塾に行っている間に、私自身も勉強をしておけば、会話の中で問題を出しあうことができます。塾の送り迎えや食事の時間など、娘と2人で過ごす時間が多いので、その時は普段の会話をしながら中学受験で出そうな時事問題の話題や熟語などを混ぜることで、勉強していなくても学んでいく力を身につけていきたいのです。中学受験で大事な面接と勉強面では、塾でお世話になりながらも、私自身がサポートできるところは一生懸命やりたいと思います。
参考サイト